村山地区「ふくしま子ども未来ひろば」

ひろばのロゴです。郡山のデザイナー、荒明美香さん考案・提供。
ひろばのロゴです。郡山のデザイナー、荒明美香さん考案・提供。

村山地区「ふくしま子ども未来ひろば」は、山形避難者母の会が主体となって行っている事業です。

平成25年度からは日本興亜山形ビル4Fへ移転し、継続運営しています。

 

住所:〒990-0044 山形県山形市木の実町8-3 日本興亜山形ビル4F

電話/FAX:023-600-7167

母の会E-mail:yamagatahinanhaha@gmail.com

ひろばE-mail:kodomo_miraihiroba@yahoo.co.jp

山形避難者母の会 平成26年度事業計画
平成26年4月から平成27年3月までの全事業の内容です。

村山地区ふくしま子ども未来ひろば 事業概要

 

支援対象・山形県村山地区に避難された方(主に原発事故により避難された方)

母子避難者のためのお茶会、お話会などの交流サロン事業

未就学児のための一時預かり事業

幼稚園児~小学生のためのキッズスクール事業

広報誌、メーリングリストによる避難母子のための情報支援事業

避難母子のための就労支援…くまもんマイゴミ袋プロジェクト など

 

(平成25年度 助成金事業)

公益財団法人 東日本大震災復興支援財団 様

子どもサポート基金

ひろばの交流サロン、一時預かり事業に対する助成

 

赤い羽根共同募金会 様

災害・ボランティアサポート基金

ひろばのスクール事業と、カウンセラー派遣に関する助成

 

NPO法人青年協議会 様

年間協力費として

母の会事務局基盤整備及び、ひろば事業継続に関する協力金

 

 

(平成26年度 助成金事業)

 福島県地域づくり総合支援事業(福島県文化振興課)

避難母子のための総合相談窓口と帰還のためのハンドブック作成事業

 

福島県ふるさとふくしま帰還支援事業(福島県生活環境部避難者支援課)

山形に避難した母親のための癒しの場づくり交流事業

 

東日本大震災現地NPO応援基金(日本NPOセンター)

福島の母子が避難先の山形から安心して帰還できるように~事務局機能の強化と情報受発信体制の構築~

 

寄付金(NPO法人青年協議会)

くまもんマイゴミ袋プロジェクト 

2012年05月22日 12:32  山形新聞掲載
福島から避難する母親たちが開設した「ふくしま子ども未来広場」=山形市
福島から避難する母親たちが開設した「ふくしま子ども未来広場」=山形市
 東京電力福島第1原発事故に伴い県内で避難生活を送る福島県内の母親10人が21日、未就学児の一時預かりなどを行う「ふくしま子ども未来広場」を山形市内に開設した。夫を福島に残し、幼い子と母親だけで暮らす世帯が多い中、互いに支え合おうと避難者自らが運営に乗り出した。託児サービスの他、母親の交流イベント、キッズスクールなどを企画している。

 避難した母親が県内で働く場を求めても、子どもの預け先がなかなか見つからない現状を受け、「山形避難者母の会」(中村美紀代表)が昨年12月から準備してきた。メンバー10人が保育士、看護師、栄養士などそれぞれの資格を生かし、運営に携わる。

 広場は、同市の映画館「フォーラム山形」の2階に設置。メンバーが1~5歳の子どもを1時間200円で預かる他、料理教室、英語やピアノのレッスンの講師を務める。中村代表は「実家に帰った時と同じようにお母さんや子どもたちがくつろげる場所にしたい。子育て世帯の悩み、避難の現実を風化させずに伝える場になれば」と話す。

 一時預かりは6月中旬から始める予定で、当面は避難中の未就学児を対象とする。これを前に22日午前10時~正午、23日午後1時~同3時に同所で子育て相談会と説明会を開催。29~31日には、託児サービス付きの映画鑑賞イベントも企画している。

 同所で行われた開所式には県内のボランティア団体のメンバーら約80人が出席。テープカットを行い、オープンを祝った。

オープンは、5/22(火)、23(水)!

子育て相談会・説明会・登録会

かわいいチラシも完成しました~。

みなさんのお手元にお届けできるのを楽しみにしています!!

子どもたちのために何かしたい・・・そんな想いからのスタートです。

 

■子育てひろば

保育士や看護師の資格を持つ避難ママさんが、1歳から5歳までの未就学児を預かってくれます。子育てサロンではお歌やダンス、たまーに外遊びなども。

夏にはプールも予定しています。

 

一時預かり   200円/1時間  (6月中旬~開始)

子育てサロン  無料       (6月上旬~開始)

 

■子育てイベント

ハンドメイドが得意なママがちくちくの会の講師をしたり、フラワーアレンジの資格を持つママがママのためのプチレッスンをしたり。mamaidのレシピコーナーとリンクして、「デトックス」をテーマにしたお料理教室もありますよ。福島と山形の郷土料理も学べます。山形ママさんのご協力による、カラーセラピーやネイルのお教室、こどもの未来を守る会やまがたさんのご協力によるマクロビ教室など、お楽しみいっぱい!福島市にもある映画館の老舗、フォーラムさんと併設されているから、ママ'sシアターも定期的に行います。

 

<オープン記念イベント> 託児付きmama'sシアター

・GIRL(香里奈主演) または

・ダークシャドウ(ジョニー・デップ主演) の映画チケット1枚

  +

お子様の託児+1ドリンク+4時間無料駐車券付きで1000円

 

☆アンケートにお答えいただいた方には、

フォーラム山形・福島共通、ペアご招待券+サイトウ洋食店ペア御食事券(福島市)を抽選でプレゼント。久しぶりに会うパパとのデートに使ってほしい。

 

■キッズスクール

習い事させたいな…避難生活でちょっと苦しいお財布事情でも大丈夫。

有資格者の避難ママさんが、ピアノや英語、文字やかずなどのぷちレッスンを行います。ピアノレッスンは併設されているカフェにあるグランドピアノ。

福島のおうちにピアノをおいてきてしまったお子さんたちに、喜んでもらいたいな。

 

 

ご利用したい方は、子育て相談会、説明会、登録会へ是非お越しください。

併設されている立体駐車場1時間無料、ドリンクサービスもございます。

お問い合わせは、

NPOりとる福島事務局 070-5474-0455(神野・榊井)