自主避難・母子避難者のための総合相談窓口「femme」

各支援センター等に設置してある、パンフレットです。
Femmeパンフ.pdf
PDFファイル 949.0 KB

今年度、山形避難者母の会では自主避難・母子避難者のための総合相談窓口を設置致しました。

 

福島へ帰りたい人

福島へ帰りたくない人

山形へ住みたい人

山形へ住み続けたいけど悩んでいる人

 

たくさんの方たちに向けた相談窓口です。

お電話でメールで。一人で抱えずに、共に考える場になれましたら幸いです。

 

自主避難・母子避難者のための総合相談窓口「femme」(ファム)

※femmeとは、フランス語で「女性」「素敵なママ」を指す言葉です。

 

電話窓口:023-600-7167(担当:菊地)

平日10:00~14:30まで

メール窓口:yamagatahinanhaha@gmail.com

直接お越し頂く場合:山形市木の実町8-3 日本興亜山形ビル4F(要予約)

 

 

この事業は、平成26年度福島県地域づくり総合支援事業の助成を受け山形避難者母の会が運営しています。ふくしま連携復興センター様等とつながりながら、皆様の悩みを少しでも解決に向かうことができるよう、今後も努めてまいります。

 

 

<連携団体:一般社団法人ふくしま連携復興センターHPより>

 

ふくしまの今とつながる相談室「toiro」

http://f-renpuku.org/toiro

ふくしま連携復興センターでは、福島県外に避難されている方を対象とした事業、「ふくしまの今とつながる相談室toiro」を実施しています。

県外で生活されている方々の悩みや想いは十人十色だと思います。
様々なご相談をひとつひとつ丁寧に受け止め、解決に向けてお手伝いしたい。そんな相談窓口です。
まずはお電話いただき、お名前・電話番号を頂戴できれば、こちらからかけ直してお話を伺います。
電話代のご心配なくお電話ください。
toiro-pamphlet-1 toiro-pamphlet-2
【pdf】A4三つ折りバンプレット:ふくしまの今とつながる相談室toiro

例えばこんなとき、ご相談ください。

・県外避難者が利用できる支援サービスを知りたい。
・家族で参加できる福島県外の保養プログラムを教えて欲しい 。
・県外から戻ったママたちと情報交換できる場があれば教えて欲しい 。
・県外避難者向けの説明会で福島県内の状況を説明できる人物を紹介して欲しい。

「ふくしまの今とつながる相談室toiro」概要

相談ダイヤル

024 – 573 – 2731

開設時間

毎週月曜・水曜・金曜 10:00~17:00
※祝祭日の場合はお休みとさせていただきます。

窓口担当

佐藤/柳本